2017年12月07日

地域の防災訓練

こんにちは、於保老健センター梅田です。
施設の防災担当をしている関係で、12月3日(日)に行われた『地域防災訓練』に参加しました。

参加したのは、施設がある「磐田市一色地区」です。

朝9時のサイレンとともに、一色地区の住民は公会堂に集まります。
2017-12-03_001blog.png
大地震の際には、この公会堂から約500mの位置にある浜部の津波避難タワーに避難することになっているのだそうです。

2017-12-03_006blog.png
地区の住人とともに、津波避難タワーへ移動。

2017-12-03_010blog.png
海抜12.3mの高さへ逃れることができるタワーです。

2017-12-03_015blog.png
上から見ていたら、訓練に参加した小学生たちが、”SOS”を描く練習をしてました。


2017-12-03_022blog.png
その後、福田健康福祉会館リフレUに近隣6地区の住人が集合し、合同訓練を実施。
毎年行われており、今年の一色地区の担当は『炊き出し訓練』でした。


ちなみに、
於保老健センターに隣接する「グループホームつどい」も、屋上が津波避難できるように作られています。
災害時には役立つように、常日頃から訓練を行っています。


posted by 於保老健センタースタッフ at 16:58| Comment(0) | 防災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: